なんていう鳥か不明だがグルメになる。

毎年、庭先に鳥がやってきます。
少しだけ尾が長くスマートな顔つきにくちばしは長め。

秋深まる頃から虫たちもいなくなるため、餌を探しているのでしょうね。
毎年、庭先の柿をついばみ、その柿も無くなると、剥いたりんごを少々
その鳥達にさし上げています。

皮を剥いたりんごの実は、人間が食べきってしまう時があるため
皮のみの事もあります。
その皮でもちゃんと食べていた鳥達が、ここのところ食べません。

他のお家で美味しい果実に巡り会えたのか、さもなき虫達がどこかにいるのか
また、隣に新築の家が建ったため、圧迫感から注意をしてるのかと
考えてたある日の事です。

たまたま、フルーツで有名な都内の某店のりんごをいただき
そのおすそ分けで鳥達に、ほんの少しを木の枝に挿してみました。

挿したのをどこかで見ていたのか、すぐさま飛んできて
ついばむじゃありませんか。
遠目で見ていても鳥達の声が聞こえてきそう。

おっ!今日はあの美味しい店のりんごだぜ!
さすがにこの味 しびれるなぁ。旨いなぁ。
りんごはこうでなくちゃ!

と・・瞬く間にごちそうさまと飛び立ちました。

グルメ鳥 今日もやってきました。
残念ながら、美味しいりんごはもうありませんよ。

鳥の舌打ちが聞こえたような朝でありました。